2011年7月5日火曜日

探検隊



田んぼ道を探検しています。
 会うのは、牛、牛、牛、あひる、牛。

歩いているといつの間にか見えていたものが、見えなくなって道に迷ってしまう。学校に帰ろうとして、左に歩いていたら実は右に歩かなくてはいけなかったり。学校を右に出て、その道から帰ってくるはずが反対の道から帰ることになったり。歩きだしたら、2時間、2時間半の長旅。たまに休憩したりして。
帰りにはへとへとだったりたまに帰り道さえ分からなくて途方にくれていたり。そうすると、助けが舞い降りる。いつも帰りは子供たちの自転車やバイクに揺られて帰ってきます。村の子供たちに大切にされてるなぁとひしひしと感じます。

0 件のコメント:

コメントを投稿