2011年12月20日火曜日

カンボジア人のいいところ

私がカンボジアの人の素敵だなって思う所は
自分の舌に妥協しない所。

既存の枠を気にしない。

物事は自分で変えて本物だって精神を感じる。


目の前に出されたものは悪魔で未完成。
自分好みに変えるのがカンボジアスタイル。

例えばボ・ボー(お粥)


この状態で出てきますが





左に見える調味料やしょうゆやもやし、納豆みたいなのを加えて自分好みにしてから
食べます。

それはインスタントラーメンも一緒で、



一緒についている調味料は一切使いません。
なぜならこれは焼きそばになるからです。

こういう乾麵を使うにしても使い方はこうです。





これを、こうして




作りたてのあつあつスープをかけて

完成。

物足りなかったら、さらにタックトライを加えたりなんかします。


ねんどみたい。
自分でこねて好きな形に変えていく。

カンボジアの人にしたら当たり前なんだけど、
すっごくいい姿勢だな~って思う。

この感覚は社会にも反映されているわけで
それをとらえていくのがこれからの楽しみ。

0 件のコメント:

コメントを投稿